Music Together Allegro

Look through children’s eyes!

かえこです(^^)!今週のクラスから元気に半袖デビューしました👕

今日のタイトルは、Music Togetherが大切にしている言葉です。
子どもの視点で感じてみよう!と私は解釈しています。

先日のレッスン中にこんなことがありました。
“I’m a Bell” をの曲で、ハーモニーを楽しんでいた時のことです。
ママのお膝で、両手を耳にあてたり離したりしている子がいました。
一見、「うるさいよー聞きたくないよー」というジェスチャーとも受け取れ、
「あれれ?とてもきれいなハーモニーなんだけど…」と不思議に思いました。
でも次の瞬間ハッと気づき、思わずニヤリとしてしまいました。
その子は、ママの声の聞こえ方を試していたのです。
耳をふさいでいる時の聞こえ方の違いを発見して実験していたのですね。

子どもの視点で感じてみると、新しい発見があります。
上から降ってくる歌声、腹這いの体に感じるリズム、ママの体を通して伝わる振動、
目の高さで動くママたちのダンスのお膝、頭上に上がるパラシュート・・・。
突然ママから離れてみたり、そうかと思ったらまた戻って来たりの繰り返しも、
音の響きの違いを試しているのかもしれません。

息子が2歳のころ、レッスン中ずっと寝そべっている時期が長くありました。
ところがある時急に起き上がって、みほこ先生と同じリズムをタップし始めたのです。
しっかりとお話ができるように成長したころ、そのことを話題にすると
「観察するのって楽しかったんだよ。」と話してくれました。

子どもたちの行動にはどれも意味があるのでしょうね。
大人の理屈では説明できないようなことこそが、子どもにとっては大事なのかも。
今日のクラスでスカーフを身につけて自由に踊っていた子どもたちもまた、
それぞれに感じることがたくさんあっただろうと思います。
想像を巡らせて、子どもの視点で感じられたら楽しさ倍増ですね( ・◡・ )♫•*¨*•.¸¸♪

IMG_5435 IMG_5436 IMG_5437