Music Together Allegro

音楽に溢れる家庭の作り方

MTについて

この可愛らしい女の子、誰だと思いますか?😉

史上最年少でグラミー賞4冠を達成したビリー アイリッシュです。
彼女はお兄さんと共に小さい頃からMusic Togetherに通っていたそうです。音楽家で演出家としても知られる彼女のお母さんマギーベアードはMusic Togetherの講師でもありました。

以下、Music Together Worldwide Blogより

「音楽にあふれる家庭の作り方(世界的ポップ・スターも!)」

マギー・ベアードのインタビュー

マギーのおうちの中では常に音楽が流れて、ラジオから流れる歌に家族全員が自然とハーモニーやパーカッションを重ねて歌い出す、まるで映画に出てくるような家族のようでした。

「いつも歌っている家族でしたね。誰かがギターかピアノを弾いてたり、たくさん子守唄を歌ったり、車の中は常に音楽を流していました。」と語る、マギー。

もしかしたら、あなたもマギーの2人の子どもの曲をよく口づさんでいるかもしれません:そう、グラミー賞受賞者のビリー・アイリッシュと兄のフィネアス・オコネルのことです。

マギーと俳優の夫のパトリック・オコネルは、趣味で音楽を親しんでいましたが、子どもたちの生活の中で音楽を絶やさないことを常に意識していました。多くのママ・パパと同じく、歌やダンスを使って日常の子育ての難関を幾度なく乗り越えて来ました。

ビリーとフィネアスが幼い頃に、マギーはMusic Together(以下MT)と出会い、講師に。子どもたちは6年間、全てのクラスに通っていました。パトリックがたまにレッスンでピアノを弾いてましたが、その練習風景の映像が、ビリーのミュージックビデオにも残されています。

常に歌と踊りが生活の中で続けられていた中、MTの楽曲は家族が大好きで狂ったかのように常にCDをかけていました、と語るマギー。

MTが家族の生活の一部として存在したことへの影響は、10年以上経った今でも、素敵な思い出として残っていて、遊びを通して体験的に学ぶことに重点を置くMTが、自分たちの教育方針とぴったり合ったと話しています。

現在、ビリーが音程を絶対に外さないことや、フィネアスは独学ですべての楽器を弾くことができる背景には、どれだけMTの影響があったのか、マギーも考えることがあるそうですが、少なからずいつもMTのCDを流していたことやマギーが教えるすべてのレッスンに子どもたちが参加していたことを考えると、MTの存在は大きかったと語ります。

誰しもがビリーやフィネアスのようなロックスターを育てることはできませんが、子どもたちを一生涯音楽と親しむ道へと導くことはできます。MTはまさにそのお手伝いをします:家族の生活の中に音楽を自然と取り入れるツールと自信を提供すること。子どもと一緒に楽しんで歌って、踊って、プレイ・アロングすることによって、子どもが生涯音楽づくりができるようにサポートしているのです。

 

https://www.musictogether.com/parents/maggie-baird