Music Together Allegro

森のクマさん

こんにちは。薫子です。
今日はMusic Togetherから少し離れた内容です🐻

娘と毎日色んな音楽を聞いて過ごしているのですが、
小さい頃から聞き慣れた童謡でも大人になって歌詞をもう一度よく読んでみると新たな発見があったりで面白いものです。そこで最近疑問に思ったことについて調べてみました…。

森のクマさん🐻♬
あるひ もりの なか
くまさんに であった
はな さく もりの みち
くまさんに であった

くまさんの いうことにゃ
おじょうさん おにげなさい
スタコラ サッサッサのサ
スタコラ サッサッサのサ

ところが くまさんが
あとから ついてくる
トコトコ トッコトッコト
トコトコ トッコトッコト

おじょうさん おまちなさい
ちょっと おとしもの
しろい かいがらの
ちいさな イヤリング

あら くまさん ありがとう
おれいに うたいましょう
ラララ ラララララ
ラララ ラララララ
ラララ ラララララ
ラララ ラララララ

なんで、森のクマさんはお嬢さんお逃げなさいと言うの?
と思ったことはありませんか(^^)?

そこで、、、
原曲の英語の歌詞を探してみました。

The other day, I met a bear
a great big bear away up there
(ある日私は大きなクマに会った)
I looked at him he looked at me
I sized up him he sized up me
(私はクマをよく見定め、クマも私を見定めた)
he said to me why don’t you run
I see you ain’t got any gun
(クマは私に「逃げなくて良いの?銃を持っていないみたいだけど」と言った)
and so I ran away from there
(私は急いで逃げた)
but right behind me was that bear
(しかしすぐ後ろにはクマがいる)
in front of me there was a tree
a great big tree oh glory be
(なんてこった私の目の前に大きな木がある)
the nearest branch was ten feet up
(1番近い枝が10フィート上にある)
I’d have to jump and trust my luck
and so I jumped into the air
(自分の運を信じてジャンプした)
but I missed that branch on the way up there
(しかし枝はつかめない)
now don’t you fret now don’t you frown
‘cause I caught that branch on the way back down
(心配しないで、落ちる時になんとか枝をつかむことができた)
this is the end
there ain’t no more
(お話はこれでおしまい)
unless I meet that bear once more
(またあのクマに会うまでは)

「お嬢さん、お逃げなさい」というセリフは原曲の歌詞がそのまま訳されて残ったものだったのですね〜。(※諸説あり)
何故逃げた方が良いのかはぼやかし、最後にクマさんとお嬢さんは一緒に歌う…訳した方の優しさを感じました😊
なんだか原曲バージョンは日本で歌われている森のクマさんとは随分雰囲気が違いました!ちょっぴりこわいですよね(^◇^;)
これがアメリカンジョークなのでしょうか?