Music Together Allegro

ミラーニューロン

549C6A2F-BD13-4122-BFEC-556FD179D460 ACD1DB16-E6CD-4C9A-BD39-AD6EBDDA9117はるかです♪

今週はGoodByeの歌を歌っているとあわせてレの音で
ア~ア~とこちらをみて大きな声で一緒に歌っているベイビーちゃんが♡

偶然かな?

偶然ではないのですよ。

赤ちゃんでも歌う能力を持っています、
言葉を発するのと同じく、生まれ持っている力です。

喉の発達は未熟でたくさんの音を操れませんが、それでも主音を聞きあわせる力をもっていて、レッスンでその様子が見られると、まわりの大人も「WOW!」と笑顔になりますね。

そこで終わりではなく、
さらにお子さんに歌って返すことが赤ちゃんの力をサポートすることになります。こちらはレッスン中に講師が話している通りです、
赤ちゃんと同じようにアァ~で、同じ音で返すだけでも♪

MTを創った一人、Dr.Liliが前に研修で話していたミラーニューロン。

ヒトの脳内にある神経、ミラーニューロンは他人の動きや言語を自分のものとして映し反応します。
赤ちゃんを抱っこして左右に揺れているママを見ながら話していると
自分も揺れる、という現象もそれであるとのこと。

楽器をつかって体をゆらしていると、ある子が同じように身体を左右にゆらします。うんうんと頷くと、小さい子もうんうんと首を縦に振ったり、

多感な年頃に仲良しの友達同士で話し方が似てくる、といった時期もこれかもしれません。小さな男の子がママの口調でお話しするといったことも!

アメリカの大学の研究でプリスクーラーに中国語を習得させる実験、
三つのタイプに分けて同じ期間おこなった
1.教室で中国語の音声を流しておく 
2.中国語のビデオをみせる
3.中国語を話す先生が教室にはいる

このなかで3.の環境にいた子が一番効果がたかかったという結果でした。
これによって、パパママがお子さんの一番の先生になれること、楽器を演奏してもいいし、楽器がなにもなくても、歌って音楽を再生できる。という話でした。

この後しばらくして、たまたまスズキメソッドのサイトで脳科学者の茂木健一郎氏の講演内容を読んでいたら同じくこの研究やミラーニューロンについて触れられており驚きました。
『学びは人から人に伝わっていく』の言葉に、
大人がモデルになって参加してくれるMTレッスンの体系に改めて共感。

たくさんの温かいまなざしと声を、クラスのお子さんたちに向けてくださる
MTファミリーの方々に改めて感謝です♪